HDB-83系

HDB-83をお使いのKさまのご感想

投稿日:

先日、初めて厳しいご意見をいただきました。

HDB-83は自分では非常に気に入って、FE87を装着したものは
綺麗な解像度の高い音、W3-593SDを装着したものは元気のある音で、
楽しんでしばらくメインで使っていました。

しかし、やはり低音が出てくるのは70hz~ですので、
重たい重低音は無理があります。今回はその点をご指摘いただきました。
幸い、売りである中高音の美しさ(付帯音の少なさ)は感じていただけたようで、
この点はほっとしています。

とてもご満足いただける方(私を含め)もいらっしゃいますので、これからも自信を持って
HDB-83を作って行きたいと思いますが、低音に関して趣味が分かれる事を
痛感しました。説明にも明記していきたいと思います。
Kさま、率直なご感想に感謝します。m(_ _)m これからに反映させていきます。


まず、W3-593SD装着 HDB-83が届いたときの印象。
作りがしっかりしているが、スピーカーが軽過ぎると思いました。 これでいい音が出るのか心配だったのですが、共鳴音はなく、ある程度の低音が出るので驚きました。 これだけで聞いている、ないしはごく小音量で聞く分には何ら問題が無いと思います。
ほかにも8cm用のエングロージャー(樽スピーカーと中型ダブルバスレフ)がありますので、同じスピーカーユニットをつけて比較をしてみました。
残念ですが、HDB-83が一番ではありませんでした。 HDB-83は音が少々痩せて聞こえます。 原因は低音の量ないしは伸びではないかと思います。

-HDB-83系

Copyright© 手作りスピーカー研究室「すぴ研」ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.