HDB-103

HDB-103β3のF特

投稿日:

夜な夜なスピーカー開発に励んでおります。

HDB-103ですが、β3が完成しました。

基本的に当工房では、仮組みで何度も試聴しアタリをつけた後、しっかりくみ上げて様子を見ます。

先回はそれがボール盤の土台となったわけですが、(涙) 今回はいけそうです!手ごたえ出てきました!

潤いのある、繊細で楽器をよく表現する音が出るようになってきました。ひとまず安心です。
ダイアナクラールが「前にいてる!」状態になって来ました。よかったよかった!
さすがに3回目なので失敗したら激しく凹むところでした!しつこくて申し訳ないですが、本当に

「安心しました」w

現段階でも、さすがに10cmユニット・・・。極小音量でも体に来る低音です。ベースに実在感があります。「組みあがってすぐなのにこんな良い音していいのか!?」という気持ちです。余裕がありますね!

何十回とテストしたでしょうか?もういい加減疲れてきたので一旦完了にしたいところですが、もう少し寄り道します。あと少しだけ小さなサイズで作ってみます。

とりあえず、この試作品は本当に良い音なので近々オークションへ・・・。

無塗装でださ~いですが写真も撮りました。

-HDB-103

Copyright© 手作りスピーカー研究室「すぴ研」ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.