HDB-103

ちょっと立ち止ってみて

投稿日:

こんばんは!本日は友人と焼肉に行ってきました。多分人生5回目ぐらいの焼肉です。焼肉なら寿司のほうがいいというあっさり好きなもんで、自分ではめったにいきませんが友人の好みで行ってきました。

関係あるのか無いのかわかりませんが、私は音もあっさり好きです。HDB-103も、基本的にはあっさり志向で開発しています。

そこで、お客様のM様からこんなメールを頂きました。

103いよいよ完成でしょうか。
最新ブログで拝見して、私が作っているようにわくわくしてます。
サイドウッドがリアルウッドっぽいですね。
ちょっと懸念は、低音を抑え気味と感じましたが、”低音フェチ”
には気がかりです。

低音フェチ・・・。

ふっと思ったのですが、今までずっと8cmユニットで足元を固めてきたわけですが、その間ずっと「10cmや12cmのユニット用エンクロージャーの開発をして欲しい」というご要望をたくさん頂きました。

その理由が、「スケール感」であったり、「低音」だったり・・・

焼肉食べながら考えたりして、大口径で開発するにあたって、こういうご要望にお答えすることこそ重要だったのではないかとなんか少し我に返った気分があります。ちょっと自分好みに走りすぎていたような・・・。気分的にはすでに反省モードになってきました。期待してくださっていたお客様と、自分のベクトルが若干ずれていたような気がしています。もうちょっとセッティングを試してみようかな・・・。幸い、相当数のセッティングを試してきたため、目的の音へのセッティングはなんとなくイメージできます。

もう少し低音を豊かな方向性のものも作って、少し使い比べてみようかな・・・。などと思っています。どうなるかわかりませんが、ちょっとやってみます!すみません!Mさまありがとうございます。いずれにしろ良い音なんですが、若干香辛料強めで行って、どうなるか見てみます!そういえば、上ミノのさっぱり感もいいですが、ガツンと来るカルビもうまかったです。それ以前に、寿司もうまいですが焼肉もうまかったです。w ということで、HDB-103を皆様に完成品としてお譲りするのはもうちょっと先になりそうです。すみません!もう少し(一歩だけ)がんばりますm(_ _)m

-HDB-103

Copyright© 手作りスピーカー研究室「すぴ研」ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.