PARC Audio DCU-F121W用 HDB-121!!

こんばんは!室長のいいじまです。

HDB-101 x PARC Audio DCU-F101Wがすごく良かったので、手元に買ってあったDCU-F121Wの音が早く聞きたくてウズウズしてしまい、標準箱から作る予定でしたが、一気にHDB-121として本番に行ってしまいました。^^;

ということで、DCU-F121W用として、本日は朝から丸一日かけて、HDB-121の開発に取り組みました。

DUC-F101Wとチューニングの勘所が似ていたので、全く苦労することなく開発がスムースに進みました。^^;

音質ですが、あんまりごちゃごちゃ言うと、価値が下がりそうなぐらい良い音していますw

40hzがほとんど歪なく大音量で鳴らせます。サイン波を入れると、部屋中「ごーごー」鳴り響きます。近所迷惑きわまりありませんw しかしこの迫力はたまりませんね!!ベースソロを聞くとまるで目の前に居るようです。^^; 胴鳴りが歪なく再生され、迫力に涙がちょちょぎれますw とにかくリニアリティーがすごいです。PARC Audioさん、本当にすごいです。本当にこれ10cmユニットですか?!先日、HDB-800の試聴にも用いた、クリスチャン・マクブライドのNight Train を聞いたところ、もう本当にベースが目の前に居るようで!!!

笑いが出ましたw

メーカー発表の周波数特性を見て、少し心配していた高域も、聞いてみればなんのことはない。実用十分な、清んだ高音が再生されています。^^; 今、ビル・エヴァンスのワルツ・フォー・デビーを聞いていますが、金属的な美しいシンバルが目の前で鳴っています。音の分離が素晴らしくよく、ベースがかなりの迫力で存在感抜群、まさに「ベース(土台)」として頼もしい限りですが、その低音にマスキングされることなく、ピアノ、ドラム、そしてライブ録音なので観客の拍手等が、とてもクリアに再生されています。まだ全くエージングされていませんが、すでに当工房のメインスピーカーに決定ですw このユニットはすごい!品切れのようですが、早く供給が追いついて欲しいですね。

参考に周波数特性を。低域がかなり低いところまでひずみがないので、余裕のサウンド、たまりません。清んだ高音は良い意味で予想を裏切られました。

sponsored link

PARC Audio DCU-F121W用 HDB-121!!」への3件のフィードバック

  1. ヤス

    先日ヤフオクでHDB-121を購入したものです。
    メルアドが判らなかったので、こちらに感想をカキコしにきました。
    今日一日ずっとエージングを兼ねて鳴らしっぱなしで聴いているところです。

    今まではT氏のHelix-H75 SA/F80AMG を使っていました。
    あのサイズからは信じられない低域の再生力があり、
    音像は締まりがあって、3次元的に定位するはご存知だと思います。
    音場も広く、音色は独特の艶があり、非常に出来色のスピーカーと、
    今でも思っています。
    それでも欠点はあります。
    まずパワーが入らないため、フルオーケストラはどうしても無理があります。
    それから、ジャズのウッドベースのズンとくる重さが伝わりにくい。
    低音の量感はあるけど、どうしても軽ろやかな印象があります。
    小口径フルレンジだから仕方の無いことだと思っていました。

    ところが、HDB-121 の出す音は Helix の欠点を見事に克服しているではないですか!!
    重みがあってスムースにローエンドまで延びる低音。
    ウッドベースの箱なりに、弦のこすれる響きが消されること無く聴こえる。
    ゾクっときましたね。
    バックロードホーンや音響迷路でもないのに、どうしてここまで出てくるのか、
    いやはや不思議でなりません。
    PARC のユニットの味を余すところなく発揮している、
    そんな風に思える一品です。本当に素晴しい!!
    まだ音が硬い部分があるのですが、エージングが進めば硬さも取れて、
    もっと味が出てくるのではないかと密かに期待してます。
    楽しみです、有難うございました。

  2. 宗村正弘(むねむらまさひろ)

     今年5月にHDB-121をヤフオクで購入した宗村です。
    その節はお世話になりました。また、コメントをお送りするのが大変遅くなり申し訳ありませんでした。
     小生、年は喰っていますがオーディオ初心者です。若い頃から音楽が好きでバンドを組んで音楽活動をしたり、コンサートに足を運んだりと常に音楽に触れる生活をしていましたが、会社員時代は仕事仕事、子育ての時期でもあり、独身時代に比べるとだいぶ疎遠になっていました。最近やっと自分の時間が持てるようになり、音楽をじっくり聴ける環境が欲しいと思うようになり、そんな背景から貴殿のHDB-121を購入するに至った次第です。音楽はジャンルに拘らず何でも聴きます。良いものはジャンルを超えて良いですからね。
     実はHDB-121を購入したての頃、どうもブログを読んでイメージしていた音の感じと違うので戸惑ってしまい、直ぐにコメントを書くことができませんでした。低音があまり出ず、中高音がギンギン耳につく感じで、「何だこりゃ!」と思ったのが正直なところです。確かに耳を近づけるとかなり低いところまで再生しているのですが、音圧が低く3m弱の聴取位置ではあまり聞こえてきません。エージングをすれば音の印象が変わってくるというので暫く使い込んでみましたが、一向に変化がみられませんでした。仕方ないのでトーンコントロールでBASSをフルに上げて聴いてました。フルに上げれば何とかバランス良く聴けます。そんな状態でつい最近まで使っており、他の方のコメントとの違いに「はずれ」を掴んじゃったかな(失礼)なんて思ったりしておりました。
     ところが先週、知人のオーディオマニアの方のお宅に持って行き(なんと土蔵がオーディオルーム)、そこで大音量で鳴らしてみたとろ、1時間くらいして低中高のバランスが程良く鳴るようになってきたのです。家に持ち帰りいつもと同じ音量で聴いてみたところ、今までより低音が出るようになっているじゃないですか。「やったー!」てな感じです。自宅では小音量でしか聴けないのでユニットの「慣らし」が進まずにいたのでしょうか?小生の好みからするともうちょっと欲しいところですが、そこはトーンコントロールの領域かと。そんな訳で最近になってようやくコメントを送れる心境になった次第です。小生、ボキャブラリー不足でうまく表現できませんが、今は満足しています。もっと使い込むともっと良くなると思いますし、愛着が湧いて一生手放せない宝物になるような気がします。
     ところで、最近スピーカーの自作にも興味が湧いてきまして、貴殿が図面を公開しているHDB-80を作ってみようかと考えています。そこでひとつ質問です。ダクト板の角にアールがついていますが、このアールをつけないとどうなるでしょうか?アール加工は素人には難しいので、カンナで45度面取りでどうかなと考えています。如何でしょうか?

    長々とした文章で申し訳ありませんでした。
    今後とも宜しくお願いいたします。

  3. admin 投稿作成者

    宗村さま

    コメントありがとうございます!お返事はまたメールで差し上げます。
    ウッドコーンは確かにエージングで化けますから、
    うまく気に入っていただけるレベルまで到達してなによりです。
    今後ともどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です