HDB-800

原因不明・・・ 無駄な努力?w

更新日:

こんにちは~。テンション低めの室長いいじまです。

HDB-800のテストですが・・・ 500hz付近でエンクロージャーが共振してしまうのですが、ハッキリした対策がわかりません。

原因はおそらく、内部仕切りがポートとして働き、共振しているのだと思います。しかし、内部の仕切りの位置を変えてテストしてもあまり変わりません。わずかなのですが、β2でもβ3でも、その中間でも、結局共振が起こり、消えてはくれません。 

今、HDB-800β3にW2-800SLを入れて、インシュレーターに載せてセッティングし、Joe PassのUnforgettable というアルバムを楽しんでいます。結構大音量です。インシュレーターを使うと、箱が共振しても何処にも当たりませんので特に癖も無く、非常にクリアにクラシックギターの音色を楽しめています。問題の帯域が響いているときも、ぜんぜん問題ないので、無駄な努力をしている気がしてきましたw べた置き&大音量の時、500hz付近にたまに共振が顔を出すぐらいで、それ以外の帯域は強烈にクリアなんですよね。 やっぱり、β3でいいんではなかろうか?w どちらにしろ、普通のバスレフなんかに比べたら間違いなくいいわけですし、がんばっても答えが出なさそうなので、あせらずゆっくり考えますw

試聴したディスク:

-HDB-800

Copyright© 手作りスピーカー研究室「すぴ研」ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.