HDB-103 × W4-927SC = HIFI!

こんばんは!室長のいいじまです。

今日は、HDB-103にTangBandのW4-927SCを入れてみました。

塗装が非常に綺麗にできまして、高級感満点なルックスに!!見た目だけで手放したくなくなってきましたが・・・、肝心なサウンドもいい感じです。^^; HDB-103とW4-927SCは十分適合します(専用エンクロージャーを開発しました。)

今回はまず周波数特性を・・・

びっくり!10cmフルレンジとは思えない高域の伸び方です。高域には若干癖があるように見えますが、歌声に影響する、300~3000hzの辺りには何のピークもディップもなし!50~20000hzまでしっかり出ているのは、公式のデータ以上の働きをしています。わからないものですね~。^^; 音質も、歪が少なく、素晴らしく透明感のある音が流れてきました。これは驚きました!若干おとなしい傾向ですが、淡々と音楽を流しながらも、しっかりと歌心のあるなり方です。楽しい!こいつは出来る子ですね。^^; 紙コーンのTangBandも張りがありながらも静寂感のある音で良かったですが、ポリプロピレンコーンのW4-927SCはさらに静かな感じで、抜群のクリアさです。音量を幾らでも上げれます。これはお勧めですね!!TangBandの4インチ(10cm)が、コイズミ無線さんから消えつつあるので、こいつがなくならないか心配です。このワイドレンジは是非残してください!!無くなったら、TangBandに直接掛け合うかも?!w

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です