スピーカー測定室

加藤晴之さんの紙筒スピーカー

更新日:

こんにちは~。室長いいじまです。

風邪を拗らせてしまいました。orz そんなにしんどくないのですが、鼻水が水道のように出ます。すでに、鼻水で3日分の洗濯を済ませました。

・・・。うそです。すみません。熱まであるんでしょうか。

まあ、それはさておき、糸井さんでも有名な紙筒スピーカーを入手しましたので、測定してみます。

ルックスはご覧のとおり。不思議と安っぽさが無いですね。うまいデザインです。

とりあえず試聴。試聴ディスクはこれ。

聞いてすぐ思ったのが、「おお、いいじゃないか!!」です。^^;

しかし聞き込むと、低域がダブルバスレフらしく、ボーボーした感じで気になります。ひょっとしたらアンプの低音が出すぎるのかな??高域が若干伸びませんが、これは素直で聞き疲れせず、別にダメなわけじゃないと思います。フルレンジのよさ!で、結構いいのでは!?コストパフォーマンスはいいのでは!若干紙くさいので、おかしいなあと思ったら紙コーンだったんですね。てっきり、ポリプロピレンだと思っていました。

総合的にいいスピーカーです。私が同じユニットで設計するなら、低域をもうちょっと控えめにしますね!タイトなのが好みなので、ダブルバスレフ的なボーボーいう感じは少し苦手です。でも、好みの問題じゃないでしょうか。中高音はさすがに綺麗で、ユニットの力が出ていると思います!(って、こんなえらそうに書いていいのだろうか・・・。すみません。汗)

-スピーカー測定室

Copyright© 手作りスピーカー研究室「すぴ研」ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.