HDB-121系

HDB-121にIさまから頂いたご感想

更新日:

I様からこんなご感想を頂きました!

心がこもったご感想を頂くとき、やっていて良かったなあと思います!^^; ありがとうございます! 

今まではT氏のHelix-H75 SA/F80AMG を使っていました。
あのサイズからは信じられない低域の再生力があり、
音像は締まりがあって、3次元的に定位するはご存知だと思います。
音場も広く、音色は独特の艶があり、非常に出来色のスピーカーと、
今でも思っています。
それでも欠点はあります。
まずパワーが入らないため、フルオーケストラはどうしても無理があります。
それから、ジャズのウッドベースのズンとくる重さが伝わりにくい。
低音の量感はあるけど、どうしても軽ろやかな印象があります。
小口径フルレンジだから仕方の無いことだと思っていました。

ところが、HDB-121 の出す音は Helix の欠点を見事に克服しているではないですか!!
重みがあってスムースにローエンドまで延びる低音。
ウッドベースの箱なりに、弦のこすれる響きが消されること無く聴こえる。
ゾクっときましたね。
バックロードホーンや音響迷路でもないのに、どうしてここまで出てくるのか、
いやはや不思議でなりません。
PARC のユニットの味を余すところなく発揮している、
そんな風に思える一品です。本当に素晴しい!!
まだ音が硬い部分があるのですが、エージングが進めば硬さも取れて、
もっと味が出てくるのではないかと密かに期待してます。
楽しみです、有難うございました。

 

 

-HDB-121系

Copyright© 手作りスピーカー研究室「すぴ研」ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.