HDB-NS3

完成!HDB-NS3 ものすごいワイドレンジに夢中w

更新日:

こんばんは~。室長いいじまです。

本日、AURA NS3-193用のHDB-NS3が完成しました!100回近くテストしただけあって、ほんっとに達成感があります~。w

音はこれが自分好みでたまりません!なによりまずスゴイのが、空気感。低域が40hz弱から相当な音圧がありますから、たとえばウッドベースが鳴っていると、胴が部屋の空気をゆっくり揺らしている様が分かります。トリオジャズを聴いていると、余裕があるが決してブーミーではなく、高品質のベースがまず土台を作ってくれます。そこに、乾いた、カラッカラのドラムがパンパンと気持ちよく、シンバルが控えめに、でもクリアにリズムを刻みます。その上を自由に泳ぐ、豊かなピアノサウンド!中音域が、さっぱりと、あっけらかんと気持ちよく歌ってくれます。まさにアメリカン!?ビルエヴァンスが、パットメセニーが、心地よいったらありません。w ボーカルを聞いても、これはこれでまたいいんですよね。Vifaの艶とはまた違いますが、ドライながらクリアーに明るく歌い上げる感じになり、しかし決してこっちの気に障る声は出しません。何より、解像度が高い高いw YMOのテクノサウンドを聴くと、音だけが目の前に存在するような感じで、スピーカーの存在が消え去り、音波が鼓膜のそばで鳴っているのではないかと思うぐらい、「波形が見える」サウンドで、鮮明極まっています。YMOの「ゼビウス」のファミコンサウンドがもう感涙ものです。w

これは早く皆様にも聞いて欲しいですね~。きっと、驚きの声が続々と寄せられる。そんな予感がします。^^; やることが多すぎる~w

参考に周波数特性を!もうここまでくると、何かセコイことしているように思われそうですが、普通にマイクで測定しています。w

-HDB-NS3

Copyright© 手作りスピーカー研究室「すぴ研」ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.