HDB-83M × W3-871SC = 切れ味、パワーのHIFI!

こんばんは~。室長いいじまです。

コイズミ無線さんで、スポット入荷でW3-871SCという面白そうなユニットがありましたので、試してみました。もうすでに売り切れたみたいです?残念。

まだエージング前だというのに素晴らしく見通しの良い音!

高音は、ツィーターのように切れ味があり、むちゃくちゃいい音してはります。やっぱTangBandいいわ~ww 安物の音、という人もいますが、ちゃんとした箱に入れてあげたときの音は、10万円クラスのスピーカーは蹴散らしてしまう、素晴らしい音なんですけどね!なんというのでしょうか、パワーと繊細さが両立しています。このユニット、艶やかな音しています。ちょうどいま、VifaのTG9F搭載のHDB-TG9Fが鳴らせる状態なので、切り替えながら比較してみると、音質が割りと似てるんです!傾向としてはTangBandのほうが元気がよく、明るい音質で、Vifaのほうが重心が低いですが、両方潤いのあるいい音です。不思議!

Earl KlughのSudden Burst of Energy を聞いていますが、ギターの音がザクザクよく切れる!きらきら、つやつや、たまりません~w いいユニットですよこれ!スポット入荷だそうですが、どうも、コーンやフェイズプラグはW3-593SDと同一でしょうか?しかし、手元にないので音質比較できません!記憶にある音質との比較(汗)では、どっちかというとW3-582SCのほうが近いような気がします。。。とにかく、いい音です!おすすめユニットですね~。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です