HDB-103MR × W4-1320SC = 1サイズ上の音!

こんばんは!室長いいじまです。

本日は、親切なT様が貸してくださった、W4-1320SCをテストしてみました。
Tさまありがとうございます!とりあえず、HDB-103MRに入れたのですが、これがもう一発で適合!結果報告です。

見た目ですが、W4-930SGに比べて、コーンがより丸い(湾曲している)感じですね。あ、それよりもまず普通はフェイズプラグに目が行きますねw 和紙っぽさあふれる感じで、妙にこのカラーのエンクロージャーとマッチしています。^^; あと、マグネットがW4-930に比べてふた周りほど大きいんです。これがどのような差になるか??

音質は、第一印象ですでに、鮮明さ・音の張りがワンサイズ上のスピーカーと聴き間違えるほどです!さすが、海外で非常に評価の高いユニットです。音量を上げても音の破綻が少なく、低音から高音まで非常にフラット、解像度も高く、これといった欠点はありません。驚くのが、中高域の鮮明さ!いやあ、10cmでフェイズプラグ搭載モデルでも、こんな高音を再生できるのですね!繊細でシャープ、にじみなく切り込んでくれます。きもちいい~。一般的に、音の繊細さは8cmクラスのユニットのほうが上手なのですが、このユニットは10cmなのに8cm並みの繊細さを持っています。中型ウーハーに上質なツィーターを、フラットに追加したような音です。なぜ日本に輸入されていないのか、不思議です。ww

これは、価格分キッチリ働いてくれるユニットと考えてよさそうです。W4-930SGも素晴らしいですが、より上質さがあるユニットだと思います。入手困難ですが・・・。何とかしたいですね~。^^;

参考に周波数特性です。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です