HDB-NS3 オーディオ雑記

NS3-193用パッキンのつくりかた

投稿日:

こんばんは~。室長いいじまです。

今日は、NS3-193をフロントから取り付ける場合に使えるパッキンの作り方を紹介したいと思います。

NS3-193は本当にいい音なんですが、フレームが薄いのが玉に瑕・・・。取り付け具合によってはちょっとビビリぎみになってしまったり、ちゃんと鳴っていても、精神的にもうちょっとよくできるような感じがして気になったりww

そこで、思い切ってパッキンを作ってみました。ガスケットというほうがかっこいいでしょうかw 

型紙はこちら PDFですので、よかったらプリントアウトして使ってください。^^;

1.素材を用意する(コルク・ゴムシート等)
2.型紙をプリントアウトする(サイズ調整はオフにして、原寸でプリントする。余白やサイズの自動調整もすべてオフ)
3.素材に型紙を仮止めする
4.型に沿って切り抜く

コツですが、素材がシールつきの場合は、シールのはくり紙に型紙を貼ればOKです。そうでない場合は、型紙をある程度無駄部分を取り除いておき、セロテープなど透明のテープで、しっかり張り付け、内側から切り抜いていけば上手にできます。分割型を使う場合は、裏面がシールになっている素材じゃないと現実的に装着が不可能と思われます。裏がシールになっていない素材のときは、一括型を使ってください。^^;

自分でも早速つくってみたわけですが、コルクとゴムで試しました。

まずはコルクから紹介します!

見た目的には、ちょっと目立ってしまいます。また、コルクが今回2mm厚のものを使ったので、取り付けの際、ねじを締め付けきることができませんでした。ちょっと取り付けに不安が残ります・・・締め付けると、割れてしまいそう&フレームが歪んでしまいます。

音質的には、付けないよりはやはり音質アップします!歪感が減って、よりHIFIになった感じです。艶まで感じますw 満足なんですがやっぱり締め付けが弱いので、将来的に不安が残ります・・・。

ということで、コルク2mm厚はお勧めしません。ほかの素材・・・ということで、1mm厚のゴムを試しました。

取り付けたところ、ゴムは結構硬質で厚さも程よいので取り付けの際に十分締め付けられ、大丈夫な感じがします。^^;

音質は・・・。うーん、いいですよ!当初の予想を上回る音が出てきました。AB比較したわけではないですが、おそらく締め付けがきっちりしているせいか、さっきより艶が出てきました。なんかVifaみたいな音になってきてますがwwなぜ!?高音が妙にしっかり伸びていて、えらいことになっていますww こんなユニットだったっけ???

周波数特性も取ってみました。あー、実際に高音が伸びている・・・。なぜ?!w 不思議だ・・・。エージングのせいかもしれませんので、今回のパッキンが原因とは言い切れませんが、とにかく音質はUPしますよ~。お勧めです。いろんな素材で試してもいいかも?

-HDB-NS3, オーディオ雑記

Copyright© 手作りスピーカー研究室「すぴ研」ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.