HDB83M × W3-1364SA = 美音中の美音

 こんにちは!室長いいじまです。

10cmバンブーコーンがあまりにもよいので、これは8cmのW3-1364SAも試してみなければ~!ということで、今回取り寄せてみました。

まずびっくりしたのが箱の小ささ。今まで見たTangBandでは無いサイズ。8cmのネオジウムは初めてですので、楽しみです。

 

ユニットも小さい~www

でも、つくりは非常にしっかりしていますね。ダンパー裏の空気抜きも大きくて、コーン君が「俺は自由に動けるぜ」と自信満々です。w バンブーコーン、何度見ても美しい。和紙的ですね~。

早速取り付けてみました。性能的に適合しそうなHDB-83Mです。

音だししてまず感じるのは「透明感!!」

W4-1320SDもたいがい透明ですが、これはまだその上を行きますね。広域の美しさはFountek FR88EXを思い出させます。超フラットにまっすぐ伸びている印象・・・ つややか~。シンバルのクリック感がたまりません。すばらしい透明感と美しさ・・・。鳥肌が・・・ww すごいですよこれ。だれですか、TangBangが安っぽいとか言ったのは!(だれも言ってないですかw) この美しさはおそらく、どんな高級スピーカーでも無理です。

中粋の滑らかさも特筆ものですね~。えげつなく音がいいww Pat Metheny の “Imaginary Day”を聞いていますが、パットのギターの丸みがありながらよく抜ける音が、ほかの楽器から完璧に分離して、全くトゲを持たずに歌います。ミュートトランペットの美しいこと!!まさに点じゃないかと思うほどピンポイントに定位し、そこから小さく振動するミュートトランペットの独特の音が放射状に拡散する印象です。美しい!手拍子なんかも、キレがあって小気味よいのですが、決して耳を刺しません。一言で言うと「低歪」なんですが、美しさを感じるレベルまでちゃんとまとめ上げている、TangBandの技術はすごいです。

ベースも、もちろん10cmには勝てませんが、しっかり重みのあるベースが鳴ってくれて、これでジャズ・ロック等は問題なしじゃないでしょうか。このサイズのユニットでは、かなり低音がしっかり出るほうです。出来過ぎ君ですね。w 少なくともこのCDでは不満は全く感じません。

参考に周波数特性です。やはりフラット!! 低域も、100hzあたりのわずかな主張が聴感上ここちいいです。^^; これすごいですよ!Vifaとか、Fountekとか、話題のユニットと聞き比べて欲しいです。全く遜色ありません。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です