HDB-FR125系

Aさまから、HDB-FR125へ頂いたご感想

投稿日:

タンノイのAutograph miniをお使いのAさまから、低音が良いスピーカーのご相談をうけまして、HDB-FR125をご紹介させてもらいました。非常に気に入っていただけたようで、うれしいです!^^; ありがとうございます。

本日、商品を確かに受領致しました。
先ほどから試聴しておりますが、問題点はございません。
おかげで楽しい週末が迎えられます。お急ぎ頂きありがとうございました。
さて、「ユーザー様の声」にてB&Wマトリクス802をお使いの方の感想を読みなが
ら楽しみにお待ちしておりましたが、期待を裏切らない想像を超えたポテンシャ
ルを持っていることが一聴して理解できました。
小生は貴社と同じ大阪を本拠にしております、ELSOUNDというブランドのEPM-10W
という10W出力の小型アンプを使用しており、Autograph miniより能率が低いこ
とを少々心配しておりましたが、杞憂に終わりました。
まったくぼわつかず、解像度の高い締まった低音がきっちり再生されており、音
量を下げても音痩せもほとんど感じられません。
小径スピーカーでここまで解像度の高い低域が実現されているとは、飯島様のチュー
ニング技術の高さに感服させられた次第です。
低音の出方もむやみな量感を狙わず、下まできっちり伸びている感じが上質に感
じられ、所謂ドンシャリのドンとは次元が違いますね。
驚かされたのは、Jennifer Warnesの「The Hunter」の1曲目の”
Rock You Gently”を聴いた時です。
この曲は出だしから豊かな低音が展開されますが、今までAutograph miniでは聞
こえていなかった音が存在するのを初めて知りました。
Frieve Audioのイコライザ(小生はPCからのWAVのデジタル出力をDAC経由でアン
プに繋いでいます)で100Hz以下の低域を幾らブーストしても一切聞こえなかっ
た「空気が揺れる重低音」が密度感を伴って聞こえます。
もちろんイコライザは一切使用しておりません。40Hzフラットは文字通り「看板
に偽りなし」ですね。
これだけでもこのスピーカーを購入してよかったと感じました。
飯島様のレビューでは「高域が少し引っ込む」との記述がございましたが、小生
には感じられませんでした。Autograph miniと比べてほんの少し丸みを感じるだ
けでした。もっともこれはすでに40代の小生が17000Hz程度までしか聞き取るこ
とができないからかもしれませんが...。
高域が正確に再生されていることを注意深く聞くような聞き方をされる方であれ
ば違った感想になるのかも知れませんが、小生のように仕事の疲れを音楽で楽し
く癒したい方にはソフトで聴き疲れのしない音は逆に好評価を得られるのではな
いかと思います。
まだ若干ドラムの音に硬さを感じますが鳴らし込めば印象も変わってくると思い
ます。
Autograph miniは上品な音のするスピーカーだと小生は思っておりますが、
HDB-FR125の音色も重厚かつ上品であり、勝るとも劣らないと思います。
最初にHDB-FR125を知っていたら迷うことなくこちらを購入していたと思います。
これで10cmの点音源の小さなスピーカーを2セット手に入れたことになりますが、
それぞれに良さがあり、末永く大事に使い続けて行きたいと思います。
また報告させて頂きます。
本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。

-HDB-FR125系
-,

Copyright© 手作りスピーカー研究室「すぴ研」ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.