HDB-FR125系

AさまからHDB-FR125に追加のご感想をいただきました

投稿日:

タンノイ オートグラフ ミニをお使いのAさまより、HDB-FR125へのご感想を追加でいただきました!ありがとうございます。

市販スピーカーより何倍もコストパフォーマンスのいいサウンドをご提供したくて始めた「すぴ研」ですので、こういうお声はとてもうれしいです!

今回、「すぴ研」の技術力には感服した次第です。
それと同時に大手メーカーの商品の値付けは相当吹っかけられたものなんだなあ
と再認識しました。
次は相当先になると思いますが、開発途上の2Wayに関心があります。

さて、これは小生のシステムの問題かも知れませんが、HDB-FR125と管球アンプ
との組み合わせではさっぱりでした。
小生の球アンプはトライオードのTRV-35SEというEL34PPですが、球をKT88に交換
してあります。PPが管球本来の良さを感じられる音であるか否かはこの際置いて
おくとして、少なくとも弱点と呼ばれる低域の制動感の無さはシングルアンプよ
りも有利だと思っていました。
しかしながら実際に鳴らしてみると重低音が揺れまくりで締まりが皆無でした。
Autograph miniは管球アンプにマッチすると言われていますが、実際に使用して
きてこのような不快感を感じたことはありません。
思うに管球アンプで再現の困難な重低域をAutograph miniではバッサリ切り落と
されている事が逆に効果的に効いているのではないかと思われました。
もちろん高価な管球アンプを使用すれば問題ないのかも知れませんが。
組み合わせがあることを痛感しました。
我が家ではエルサウンドの石アンプで素晴らしい音色を発揮できていますので、
こちらで集中して聴くことになりそうです。
色々勉強になります。

-HDB-FR125系
-

Copyright© 手作りスピーカー研究室「すぴ研」ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.