HDB-ALP6

HDB-ALP6 or HDB-ALP6-ex

投稿日:

こんばんは~。室長いいじまです。

今日は、お問い合わせが多いので、予定を繰り上げて、HDB-ALP6とexバージョンの比較視聴をしたいと思います。ちなみに、ネーミングはHDB-ALP6-ex とすることにしました。モデル名というより、バージョン名なので、exを小文字にします。^^;

とりあえず、見た目から・・・サイズは結構違います。左が未塗装ノーマルで、右が下手塗装exです。自分用に実験的に、近くのホームセンターで買った良くわからない樹脂入りステインを使ったのですが、もう二度と使いません。(涙)
alp6sizecomp

まあ、見た目はこのぐらいでいいでしょうか・・w

では早速音質を・・・今回は、楽器ごと比較します。

ベース:ノーマルのほうが若干薄い感じになります。ただし、伸びはあり、レンジの広さはあります。exは、少し濃い音になり、よく歌います。音量に大きな差があるというわけではなく、チューニングの味の違いです。ゆったり、あっさり、広い(?)低音がお好きならノーマルバージョン、ベースがぐいぐい良く歌うのがお好きならexという感じです。ジャズなどでベースをよく聴く方は、exの方がいいと思います。ベースが聞き取りやすいです。ノーマルは、薄い味付けなので、ベースが少し引っ込みますが、非常に低いところではノーマルのほうがスケール感が出ます。

ドラム:ノーマルのほうがやさしい感じで、exはポンポンと良く弾む音色になります。exはリズムに乗りが出て元気!逆にバスドラムは、ノーマルのほうがスケール感がでます。例えば、タイタニックのテーマを聴いてみましたが、非常に低いバスドラムが、ノーマルではスケール感のあるなり方をするのに対し、exは薄い音になってしまいます。

管楽器弦楽器など中音域楽器:ノーマルはとにかく綺麗な鳴り方。exは、ポートが中音まで積極的に参加しているので、少しパワーのある鳴り方になります。力強さならex、繊細なやさしさならノーマルという感じです。トランペット・ギター・バイオリンなどの楽器が、ノーマルならすっきりと綺麗な音になります。exだと、少し力のある音になります。

ピアノ:音域の広い楽器ですが、低いほうのスケール感はノーマルのほうが上。また、タッチの繊細さもよくでます。exのほうが、パワーの入った演奏では躍動感がでます。聴きにくさなどはどちらも感じませんし、基本的にバランスよく鳴っていると思います。

ボーカル:違いはわずかですが、ノーマルは、口の中の空気感まで感じられます。ポートが徹底してサブウーハー的に働いているので、中音域の繊細さが高いせいだと思います。exは、少しウォームな響きになります。どちらにしろ、美しい音です。

シンバル、鈴など:高音域の音にはあまり違いがないようです。

総評としては、しっかり、パワーのある音がexの特徴です。ノーマルは、ゆったり・綺麗に鳴ります。 ポップスのような、60hz以下がバッサリ切れてるような曲では、exのほうが基本的に濃い音で、雄大な曲になってくると、ノーマルの低音の伸びが発揮されます。 ジャズなどで、シビアに低域を聞き取りたい場合はexの方が有利、クラシックのゆったりとした雰囲気を味わうのはノーマルのほうが有利、という感じだと思います。あと、音とは別問題ですが、exのほうが小さくて設置が楽ですねwww

-HDB-ALP6

Copyright© 手作りスピーカー研究室「すぴ研」ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.