HDB-ALP10

HDB-ALP10 完成!

投稿日:

こんばんは~。飯島です。

HDB-ALP10ですが、昨夜は遅くまで、今朝は早くから塗装しまして、夜に完成いたしました!まだ完璧には乾燥していませんがOKですww

hdb-alp10-done

上は、自分用に試しにオイル塗装してみたHDB-ALP6-exです。

いやあ、これはすごいです!ちょっと書くのを躊躇しますが、HDB-ALP6-exがかすんで聞えてしまいます。。。

ホントによく低音が出るので、このセッティング(床から50センチ程度)だとすこし低音が出すぎてしまうのですが、それでもまったく歪のない、余裕の低音ですので気持ちよく浸れます。いやあ、ここまでとは思っていませんでした。(汗)

とにかく、余裕があるの一言です。ボーカルは歪なく非常に滑らか、高音もこのサイズなのに繊細に伸びきっており、鈴などのキラメキも表現。ボーカル、管楽器の色気は今まで試したスピーカーの中でNo.1です。まさにシルクのように滑らかです。そして低音は言うまでもありません。バスドラが聞き取れるだけでなく、実際に目の前で鳴っているかのようです。HDB-ALP6-exもすばらしいですが、このHDB-ALP10と比べると、「ああ、頑張っているなあ・・・」という感じになってしまいます。今、パットメセニーのSecret Storyというアルバムを聞いていますが、楽器の分離が凄まじいです。ギターのキレも完璧に再現、ベースの安定感は言うまでも無く、高音まで引っ込まずにしっかり伸びています。。。まさか14センチクラスのユニットでこの音が出るとは・・・。さすが、MarkAudioの最高級ユニットです。。。恐れ入りました。JX92S+ツィーターに匹敵するとの事ですが、いやあ、惚れましたw

追記:このセッティングだと低音が出すぎると書きましたが、先ほどから聴いていて、逆に気に入ってきました。ww 確かに測定すると50~100が少しあがってしまっているのが分かるのですが、この安定感はたまりません。波形が崩れていないので、ぼわぼわした低音ではまったく無く、しっかり聞き取れる鑑賞に堪える低音が出てきますので、逆にリアルに聞こえてきました。ライブハウスで生で聴いているようです・・・。うーん、これは素晴らしい・・・。ちなみに、スピーカースタンドを使って約1メートルぐらい床から離して、壁からも50センチぐらい離してセッティングすれば、低音がかなりフラットに聞こえるようになります。しかしこれは楽しい・・・。いや~、MarkAudio最高です!ちゃんとAlpair6も生産してください!ww

完成時の軸上近距離の周波数特性です。加えて、素晴らしい余裕ですよ~。いや~、楽しいですw

hdb-alp10-done

軸上1メートルの周波数特性は以下です。部屋の影響など大きい状態です。

hdb-alp10-1m

壁より20cm、床より1m話し、ステレオでセッティングして、1.5メートル程度はなれて聴いた場合の周波数特性は以下です。部屋の影響はかなり大きいですが、超低音~高音まで十分以上にフラットと言えます。

hdb-alp-10-listen

-HDB-ALP10

Copyright© 手作りスピーカー研究室「すぴ研」ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.