オーディオ雑記

シンプル・イズ・ベスト

投稿日:


HDB-80もHDB-80Mもとてもよい音ですが、
それはシンプルにシンプルに考えて設計している成果だと思っています。

設計の際は検証を山ほどやりますが、その際、ポートならポートだけ変えて比較します。
吸音材は吸音材だけ、空気室の広さは空気室の広さだけ・・・。
一度に2つも3つも変えたりしたらワケがわからなくなります。
ひとつずつ検証します。

また、アイディアは極力シンプルに。
ユニット自体がシンプルな機械です。ややこしくしないことが大事だと思っています。

理屈は抜きにして、スムーズに空気を流れさせてあげる、
ユニットが「居心地がいいなあ」と言える場所にしてあげる。
理論が先走らないように、”自然さ”を大切にしています。

HDBシリーズは内部構造は単なるバスレフではありませんが、そんなに複雑なわけでもありません。
背圧を高めて制動を良くし、高域の漏れを減らし、不要振動を減らす。
そして、空気の流れを良くし、低域のしまりを良くする。
これらを実現するためのシンプルな対策。
内部の仕切りがバッフル側についている事にも意味があります。

バックロードは製作予定ですが、パッシブラジエーター(ドロンコーン)や、
タンデムは作る予定はありません。シンプルなものこそいい音がすると思っています。

写真は現在製作中のバッフル裏の様子。バッフルの不要振動を極限まで減らしつつ、
空気の流れをスムースにスムースにしよう!と追求しています。

また、最も大切なのは”方向性”だと思っています。
HDBシリーズは大人の音を目指しています。間違っても開放的には鳴らしません。
逆に、バックロードを設計するなら、間違っても「おとなしく」とは思いません。
今回ご紹介した様な小さな工夫一つ一つが、同じ方向を向いて初めて効果がが出ると思っています。
ちぐはぐに思いつきで工夫をしてもそこから”良い音”は出てこないと思います。

-オーディオ雑記

Copyright© 手作りスピーカー研究室「すぴ研」ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.