CHR-70 vs CHP-70 vs Alpair7

こんにちは~。室長いいじまです。

先日から、ご注文いただいたスピーカーを組み立てながら、Alpair7 Gray 搭載のHDB-ALP7を聞いています。

歪は極小、低音はしっかり重く、音の立ち上がりも抜群、繊細で高音域がピンポイントに低位・・・と、大傑作な感じです。Markさんも、「ここまでうまくいく例も少ない」と言ってたそうで、このクラスでは頭2つぐらい出た音です!Alpair10の低音の力やダイナミックレンジには負けますが、それ以外は今までで最高の音質だと思います。とはいえ、CHR-70やCHP-70は出番なしか?というと、そうでもないんですw すこし、比較レビューしてみたいと思います。

  CHR-70 × HDB-CHR70 CHP-70 × HDB-CHR70 Alpair7 × HDB-ALP7
全体の印象 元気がある、若々しい音。音が綺麗に拡散するような感じ。 枯れた雰囲気で音がパンパンと飛び出してくる。音が前に出てくるような感じ。繊細な鳴りを感じる もっともコントロールされた雰囲気がする。音があるべき位置にシッカリと保たれている感じ。付帯音が相当に少ない。
高音域 ハイエンドまで伸びきっている。ソフトに拡散する感じのさわやかな高音 伸びきっているものの、最高音がロールオフした上品さを感じる音。音質は非常に細くて芯があり、ピンポイントから聞こえてくる。 伸びきっており、ピンポイントで定位する。まさに”高品位なツィーター”の音がする。見えるようにピンポイントに、そのままの大きさで鳴る。
中音域 メリハリのある音。自由にコーンが動いている感じがする。音質は、やはり綺麗に拡散する感じ。近代的な雰囲気+楽器的な鳴り。 立ち上がり方にパルプコーンならではの張りを感じる。音が前に飛び出してくる感じで、ドラムのタムなどの立ち上がりがもっとも楽しい感じになる。常に心地のよい倍音を感じる。 立ち上がりがよく、歪が少なく、必要とされた音がそのまま鳴っている感じ。もっとも音の分離がよい。拡散せず、その場所でそのとおりに鳴る。ギターソロなどで演奏者の吐息までしっかり分離。
低音域 カッチリしている。わずかに強調気味でも、リニアに音楽を奏でる。 すこしやわらかで、フラット。当然、楽器の音色を聞き分けることができる品質。 安定感・実在感がもっともある。若干豊かな低音。空間を感じる音。ローエンドももっとも伸びている。

また、聞き込みながら更新して行きます!CHR-70でさえ、正直、今まで作ったスピーカーの中でもトップクラスの音です。先日も書かせてもらいましたが、やっぱりMarkさんの音への執念は恐ろしいですww というか、あまりに音にこだわりすぎて、突然改良されたりするのが怖いぐらいですww ですが、実はこの点では、今回の7シリーズは最低3年はこのまま行く!とのことで、ちょっと安心しています。MarkAudio未体験の方は、この機会にぜひご賞味ください!びっくりですよ。

ショッピングサイトでご注文いただけます

sponsored link

CHR-70 vs CHP-70 vs Alpair7」への1件のフィードバック

  1. RYO

    いつも楽しく拝見させていただいております。

    今回の比較レビュー、とても参考になりました。
    できれば今度は、現在作成されてきたMarkAudioシリーズ全てでの比較をお願いしたいです。

    楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です