セッティングについて

こんにちは~。室長いいじまです。

いきなりオーディオ関係ない話で恐縮ですが、先日熱帯魚を買いました。w

sakana

部屋の隅に癒し空間ができました。^^; 手間もあんまりかからないと聞いての導入でしたが、結果大満足でした!水槽の中にも、ちゃんと生物的な循環ができるんですね~。えさの食べ残しや糞をバクテリアが分解して、それを養分に水草が育つと・・・。すごいなあ。癒されながらがんばってスピーカー作ります。w

とまあ、今回の本題に・・・

最近のMarkAudioの7シリーズ、Alpair10などを聞くと、音がすごく強く、セッティングなどが結構影響するので、その話題です。

Alpair7は音を聞くと、立派な音圧があります。Alpair10にいたってはすごく力強い音はほんとに大型スピーカー。こうなってくると、ニアフィールドで聞くとある程度適当なセッティングでも大丈夫ですが、壁につけすぎたり、リスニングポイント如何によっては圧迫感のある音になってしまいます。リビング以上の広さの部屋でしっかり鳴らすためには、壁からある程度はなして、スタンドで浮かし、インシュレーターで支点を明確にしたい感じです。そうするとグッと空間を感じ、ベースがすっきりと量感のある音になり、気持ちいい音になってきます。

セッティング如何で音の評価が決まってしまう!!ような・・・

じゃあ、やっぱりすぴ研のラインナップにもスピーカースタンドがないとなあ・・・

と思ってますw 近々作るかもです。予定では、18mm厚の板で、天板のサイズは指定可能、支柱は正方形で中に石や砂などをお好みで入れられる仕様、いらなくなったらボルトをはずせばバラせるようなのを考えています。インシュレーターも、半円形の木材とかいいような・・・。アイディア考え中です^^;

sponsored link

セッティングについて」への1件のフィードバック

  1. 石川雄一

    熱帯魚を買ったんですね~
    写真に写ってるのはグッピーですかね・・・ 私も昔熱帯魚を買っていましたが、何時間魚を見ていても飽きないし、癒されますよね。 でも世話は結構ですね。水草枯れるわ、魚が病気になるわで・・・
    ちなみにお勧めは、ネオンテトラを10~20匹ぐらい飼って群泳させるときれいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です